ニキビ跡 効く 美白成分

シミ・ニキビ跡に本当に効く美白成分とは?

美白成分はたくさんの種類があり、無数存在しています。
どれを選んだらいいのか悩みますよね。

 

実は人それぞれ効き方が異なるので、効果は実際に使ってみないと
わからないのです。

 

もし今あなたが美白化粧品を使っているにもかかわらず
あまり効果を感じていないのなら、使っている美白成分が
合っていない可能性があります。

 

美白成分

 

医薬部外品(厚生省が認めている)の一部

 

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • リノール酸
  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • 4MSK
  • マグノリグナン
  • プラセンタエキス

 

それ以外の物

  • 油溶性天草エキス
  • 火棘エキス
  • ルムプヤン
  • イモニガショウガエキス

 

この他にもまだ無数に存在します。

 

しかし少し前のカネボウの白斑被害なんて事件もありましたから
選ぶ際には厚生省が認めている成分が安心と言えますね。

 

美白成分の作用は2種類ある

 

一概に美白成分といってもシミができる前の予防と
出来てしまったシミを薄くするものの2種類の作用があります。

 

しみができる前”予防する”美白成分

 

メラニン色素を作れという命令を阻止する働きをします。

 

  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • t−AMCHA

 

などがあります。

 

出来てしまったしみを薄くする美白成分

 

メラニン色素を変換してしまう”シロチナーゼ”を
働きを抑えます。

 

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • リノール酸
  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス
  • 油溶性天草エキス(グラブリジン)

 

などがあります。

 

通常美白化粧品に配合されているのはこちらのタイプです。

 

あなたのライフスタイルに合わせてどちらのタイプを
選ぶのか考えてみてください。

 

ニキビ跡にはビタミンC誘導体が効果的

 

美白成分の中でも特にニキビ跡に効く成分は
ビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体とはビタミンCをお肌に浸透しやすくした成分で、
美容皮膚科などでも多く使われています。

 

ビタミンCの効果は、美白作用、抗炎症作用、皮脂分泌の抑制
コラーゲンの生成など様々な効果があります。

 

ニキビ跡が気になるニキビ肌にはおススメの成分です。

 

どんな美白成分を選んだいいのか迷っているのなら
ビタミンC誘導体を1度試してみてはいかがでしょう?

 

いまならお試しサイズが送料無料でお試しできます♪

 

プリモディーネ キャンペーンバナー

 

高浸透型ビタミンC誘導体化粧水お試しセットはコチラ