しみ 紫外線 影響

肌にダメージを与える紫外線

肌にダメージを与える紫外線には、UV-A波とUV-B波があります。
この2つの紫外線を浴びるとどんな影響があるかというと・・

 

UV-A波を浴びると、肌は赤く炎症をおこします。

 

UV-B波は波長が長いため、急激な変化は見られませんが
いつの間にか肌が黒くなっていたり、しみが濃くなっていた
という原因になります。
恐ろしい事に真皮にまで届き、コラーゲンやエラスチンを痛めつけ、
しわやたるみ、くすみの原因にもなるのです。

 

また紫外線によってダメージを受けた肌はひからびて水分量が少なくなり
バリア機能も低下します。

 

昔は日光浴は身体にいいなんて言われていましたが、
実は紫外線はお肌にとっては悪影響を及ぼす大敵なのです。

 

紫外線によってできるしみ

 

しみにも色々な種類がありますが、その中でも紫外線によってできるしみを
老人性色素斑(別名:日光性黒子)といいます。

 

このしみは頬骨の高い所に出来やすのが特徴です。
できはじめは薄い茶色をしていますが、しだいに濃くはっきりとしてきます。

 

紫外線によるしみのできる過程

 

1.メラニンを作れと指令が出る

紫外線が皮膚にあたると肌の内部を守ろうとして表紙細胞から
エンドセリンなどの情報伝達物質が分泌されます。

 

これらの物質が「メラニンを作れ」とメラノサイトに命令をだします。

 

2.メラニンが作られる

1で命令を受けたメラノサイトはメラニン色素を作り始めます。
まず初めに作られるのが「チロシン」というアミノ酸。
次に「チロシナーゼ」というメラノサイトにいる酸化酸素が働き
すぐにメラニン色素へ変化します。

 

3.表皮細胞へ送り込まれる

メラニン色素は表皮細胞へと送られ、ターンオーバーとともに角層へとあがっていく。
通常ターンオーバーが正常に機能しているとメラニンは剥がれ落ちていきます。
ところがなんらかの影響でメラノサイトが過剰にメラニンを作ってしまったり
ターンオーバーが遅れたりするとしみとなって肌に残ってしまうのです。

 

紫外線によって消えなくなるニキビ跡

 

ニキビが治った後に残ってしまうニキビ跡も
放置しておくとしみになってしまいます。

 

それは”炎症性色素沈着”と呼ばれ、ずっと残ってしまうのもあれば
時間をかけて消えるものもあります。

 

また紫外線を浴びることにより消えなくなることがあるので、
ニキビ跡は紫外線対策を万全にしてください。

 

ニキビ跡にはビタミンC誘導体が配合された化粧水が
効果を発揮します。

 

ビタミンC誘導体はメラニン色素に変換してしまう「シロナーゼ」の働きを
抑える作用があるので、毎日のケアにぜひビタミンC誘導体配合の
化粧水を取り入れましょう!

 

プリモディーネ キャンペーンバナー

 

高浸透型ビタミンC誘導体化粧水”お試しセット”はコチラ