ニキビ跡 種類

ニキビ跡の種類は3つ

 

ニキビが治ったと思ったら、ニキビ跡がポツポツと
残ってしまってなかなか消えない・・。

 

ニキビ跡には種類があるのをご存知ですか?
大きく分けると3つのタイプがあるのです。

 

1.赤みが残るタイプ
2.シミが残るタイプ
3.陥没(クレーター)するタイプ

 

あなたのニキビ跡もこのうちのどれかに
当てはまるはずですね。

 

このうち、自宅のケアで薄くできるのは
1.赤みが残るタイプと2.シミが残るタイプです。

 

残念ながら陥没してクレーターになってしまうと、
自宅のケアで治すのは難しくなります。

 

赤みが残るタイプは、炎症を起こしたニキビの赤みが
そのまま残ってしまったものです。

 

シミになるタイプは、色素沈着をおこして茶色く
なって肌に残ってしまったものです。

 

それぞれ時間をかけて消えることもありますが、
何年も肌に残ってしまうこともあるのです。

 

ニキビ跡のケア

 

残ってしまったニキビ跡はずっと肌に残ってしまう
わけではありません。

 

しかし、そのまま何もせずに放置すると
色素沈着して消えなくなってしまいます。

 

正しいケアを行えば薄くすることも十分に可能なのです。

 

ニキビ跡には美白効果のある成分が有効です。
その中でもニキビ跡に一番効果を発揮するのが
ビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体はビタミンCをお肌に浸透しやすくした
成分で、美容皮膚科でもよく使用されています。

 

厚生労働省も公認の成分ですので安心ですね。

 

特に今注目は”新型ビタミンC誘導体APPS”です。
今までのものよりも100倍の浸透力があると言われ
角質層まで行きわたり効果を発揮します。

 

あなたのニキビ跡にもAPPSは効果を発揮してくれる
ことでしょう。